モンテッソーリ教育

算数教育にもつながる|モンテッソーリの「長さの棒(赤い棒)」

茶色の階段」で太さ(面積)の違いを見分ける力がついてきたら、次は「長さの棒(赤い棒)」の活動に進んでいきます。

 



モンテッソーリの「長さの棒(赤い棒)」とは?

長さの棒(赤い棒)は、モンテッソーリの感覚教育で使う教具の1つです。

五感をつかって脳を鍛える|モンテッソーリの「感覚教育」とは?色に強い興味をもったり、遠くに聞こえる鳥の声に反応したり、子どもの五感が特に研ぎ澄まされる時期があります。 この五感が敏感な時期に...

感覚教具の中で、視覚に働きかける教具を「視覚教具」と言います。

長さの棒(赤い棒)は、この視覚教具に分類されるものです。

《視覚教具の流れ》

円柱さし
色つき円柱
ピンクタワー
茶色の階段
長さの棒(赤い棒)
長さの変化を見分ける

 

視覚教具の中でも特に重要なものを「視覚三教具」と言います。

視覚三教具
  • ピンクタワー
  • 茶色の階段
  • 長さの棒(赤い棒)

視覚三教具がなぜ重要かというと、この先に学ぶ算数教育の基本が含まれているからです。

それぞれの教具は10段階で変化していますが、変化しているところが違います。

そのため、それぞれの最小のブロックを1として最大のブロックを対比するとこのようになります。

最小 最大 変化のポイント
赤い棒 1 10
(1 × 10)
1次元。変化するのは「長さ」
茶色の階段 1 100
(10 × 10)
2次元。変化するのは「面積」
ピンクタワー 1 1000
(10 × 10 ×10)
3次元。変化するのは「大きさ」(縦、横、高さの3方向)

これは、この先に出会う算数教具「金ビーズ」にもつながる要素です。

 

「長さの棒(赤い棒)」の特徴

長さの棒(赤い棒)は、規則性のある木製の棒10本でできた教具です。

赤色に統一しているのは、子どもが大きさの変化に注目できるように工夫されています。

最大の棒は 2.5 × 2.5 × 100 ㎝、最小の棒は 2.5 × 2.5 × 10 ㎝。

10㎝刻みで長さが変化します。

 

そんな長さの棒(赤い棒)の特徴は、大きく3つです。

  1. 自分で誤りに気づいて修正できる
明らかにちがうと分かる 順番がちがうと見て分かる

自己訂正は、学ぶ上でとても大切な要素です。

 

  1. 触って大きさの違いを体感できる

子どもは視覚よりも触覚が先に発達していきます。

そのため、最小の棒と最大の棒を持つとき、腕の広がり具合がまったく違うことに気がつきます。

長さの棒(赤い棒)を1つずつ持つことで、より発達した触覚で長さの違いを感じるのです。

最終的に視覚で理解していきますが、まず触覚で理解できるようにしています。

 

  1. 算数の要素が取り入れられている

長さの棒(赤い棒)のお仕事では、数字について何も触れませんが、数の概念が含まれています。

 

  • 十進法

算数教育の基本になるのが十進法です。

その前段階として「1〜10」という数に感覚的に触れ、親しむことを目指します。

 

  • メートル法

最小の棒は長さ10㎝で、10㎝ずつ長くなっていき、最大の棒は長さ100㎝になりす。

これにより、メートル法の感覚に親しむことを目指します。

 

  • 大きさが一定の割合で変化していく

長さの棒(赤い棒)は長さが「だんだん長くなる」というように規則性をもって変化します。

算数教育の基礎となる、量の変化を体感していくのです。

 

感覚的に数の概念に触れることで、この先の算数教育へスムーズに進んでいけるようになっています。

 

「長さの棒(赤い棒)」の効果

効果は大きく3つあります。

  1. 観察力を鍛える
  2. 思考力を鍛える
  3. 学びの基礎となるグレーディングを身につける

 

  1. 観察力を鍛える

長さの棒(赤い棒)は「長さの違い」を見分ける活動です。

よく観察して、違いを見分けて長さの順に並べます。

この観察力は、この先の知的教育でも重要な役割を果たします。

 

  1. 思考力を鍛える

「どっちが長いかな?」
「これとこれを組み合わせると同じ長さになる!」

子どもは試行錯誤しながら、棒を見比べて考え、推理していきます。

これをくり返し取り組むことで思考力がつき、発達が進んでいくのです。

 

  1. 学びの基礎となるグレーディングを身につける

グレーディングとは物事を整理する方法の1つです。

  • グレーティング
    3つ以上のものを比較し、サイズ、色、形、重さ、匂いなどを大小、強弱などで段階づける
    (例)大きい立方体から小さい立方体へ並べる、同色系の色板を濃い色から薄い色へ並べる、など

発達中の子どもは、身のまわりのものを頭の中で整理できていない状態です。

教具をくり返し取り組むことで、整理する力がついていきます。

そして、整理することで物事の理解が進むのです。

大人も何か考えるとき、整理して理解を深めますよね。

 

ぐちゃぐちゃ
りんご なす くま
いちご キャベツ とかげ
りす めだか からす
ダチョウ へび まぐろ

整理すると理解できる
《食べもの》
りんご、いちご
《動物》
魚類:  めだか、まぐろ
爬虫類: とかげ、へび
鳥類:  からす、ダチョウ
哺乳類: くま、りす

 

長さの棒(赤い棒)は、この整理する力の基礎となるグレーディングを習得していきます。

 

子どもからのサイン!「長さの棒(赤い棒)」のはじめどき

はじめるタイミングは「敏感期」に合わせるのがポイントです。

学びの吸収力がすごい! 子どもの「敏感期」とは?子育てをしていると、子どもの吸収力に驚かされます。 「敏感期」とは、あるものに対して すさまじく吸収力を発揮する時期のことを言いま...

長さの棒(赤い棒)は視覚教具。

子どもの視覚がより研ぎ澄まされているときにはじめるのがおすすめです。

具体的な子どもからのサインはこんな感じ。

  • 見比べるようになってきた
    (例)同じ大きさの積み木だけを集める、切り分けたケーキの大きい方を食べたがる、など
  • 茶色の階段」で違いを見分ける力がついてきた

年齢でいうと3歳〜3歳半ごろがはじめる目安です。

ただ、年齢にこだわらなくても大丈夫です。

子どもは そのときの成長に1番必要なものに強く興味をもちます。

子どもを観察して、ちょうどよいタイミングで 子どもに合ったお仕事を用意していきましょう。

 




簡単手づくり「長さの棒(赤い棒)」

長さの棒は手づくりもできます。

手づくり長さの棒
モンテッソーリ教具【長さの棒(赤い棒)】を手づくりしてみたモンテッソーリ教育に興味をもって 家でも取り入れられないかと思ったけど… モンテッソーリ教具って 高い!! こう感じる方は ...

ホームセンターで角材を購入して、カットしてもらうだけ。

長さの棒をお家で手軽に試してみることができます。

わが家は赤色を塗らずに用意しました。

 

購入やレンタルもできる「長さの棒(赤い棒)」

手づくりするのはちょっと…という方は、購入やレンタルをすることもできます。

 

  • 購入するなら
created by Rinker
¥9,570
(2024/06/18 20:10:40時点 楽天市場調べ-詳細)

 

  • レンタルするなら

 

「長さの棒(赤い棒)」のお仕事

実際に長さの棒(赤い棒)を使ってどのように活動していくのかご紹介します。

長さの棒(赤い棒)の提示

提示について詳しく知りたい方は、 こちらをぜひご覧ください。

 

長さの棒(赤い棒)の基本提示

※ 手づくりした長さの棒のため、赤色には塗装していません

  1. マットを2枚用意
    片方のマットに小さい棒から順に1つずつ運ぶ

まず見本を見せ、途中から一緒に運びます。

棒の両端を持って運ぶ 長くなったら端と真ん中あたりを上から握る

 

置くときは、左端を揃える

子どもにも「左をそろえて置くよ」と伝えます。

同じ所から出発していれば、長さの違いが子どもにとって分かりやすくなります

 

  1. もう一方のマットに順番に並べる

「順番に並べていくから、よく見ててね」と伝えます。

長い棒から並べていく 完成

 

  1. できあがったら、いろいろな角度から確認してみる
上から 横から

 

  1. 終わったら、片づける

提示のポイントは 3つあります。

  • 1つひとつの動作をゆっくり(8倍スロー)
  • 難しいところはくり返す
  • 子どもが見ているか確認しながら進める

 

子どもが苦戦していたら、一息ついたタイミングで 苦戦ポイントに絞ってゆっくり提示してみましょう。

 

長さの棒(赤い棒)の発展活動

基本の操作が身についたら、子どもは自由に活動を発展させていきます。

ここでは、基本となる発展活動をご紹介します。

 

  • 並べ方を変えて段階づける「渦型」

 

  • 他の視覚三教具と組み合わせる

 

  • 差を満たすための特別練習

1番長い棒と同じ長さになるように、短い棒を当てはめていきます。

最長の棒と同じ長さを作る

すると、50㎝の長さの棒が残ります。

両手で棒を持つ 直立させたら手を持ち替える 反対側に倒す

このようにして、1番長い棒のちょうど半分であることを示します。

この活動が「算数棒」で数量を認識することにつながっていきます。



まとめ モンテッソーリの「長さの棒(赤い棒)」

茶色の階段」の次に取り組むのが「長さの棒(赤い棒)」です。

算数教育につながる要素が含まれており、長さの変化を見分ける力を育てます。

 

これまで、感覚教育の中でも特に重要な5つの視覚教具についてご紹介しました。

視覚教具は他にも「色板」や「幾何タンス」などがあります。

また、「感覚教具」には視覚以外にも触覚、聴覚、味覚、嗅覚の教具もあります。

子どもの興味に合った感覚教具を使って、活動をしてみるのもおすすめです。